ご予約・お問い合わせ0561-51-2100

メール

設備紹介

CTとは

CTは一般的に医科の分野で活躍しており、人間の顎骨の形状は複雑なので、歯科でも細密な情報を得るために使われています。

一般の歯科診療にも用いられますが、中でもインプラント手術や親知らずの抜歯等3次元画像の撮影ができるCTは口腔外科を扱う歯科にとっては必要不可欠です。

CTのメリット

1.検査から治療までひとつの病院で行える

CTを用いることで詳しく検査ができるため、口腔外科や大きな病院へ行かなくても正確な診断や経過観察をすることができます。

2.患者様の負担の軽減

撮影時間が短縮されることにより、被曝線量が少ないことや治療費も軽減されます。

3.安全で確実な治療

レントゲン診断と比べて、より細かく口腔内の状況を把握することが出来るため、インプラント治療や難しい抜歯手術の様な非常に高い技術を伴う治療でも、安全・確実に行うことができます。

4.インプラント治療での活躍

インプラント治療におけるCT検査のメリットは非常に大きく、通常のレントゲンでは正確に 確認できない神経管の位置やインプラント埋入部位の骨の状態が正確にわかります。